AIによる太陽光パネル診断システムを開発する、ベルギーSITEMARK社と業務提携

株式会社WorldLink & Companyは、ベルギーに本社を置きドローンで取得されたデータを分析するプラットフォームなどを開発する、SITEMARK(サイトマーク)社と業務提携し、日本におけるAIによる太陽光パネル診断ソリューションのサービス提供を開始致します。

現在、太陽光発電の買取価格などは減少傾向にあるものの、設備の新設市場は2018年度より対前年比で伸長していると言われています。また、2017年に施行された改正FIT法(再生可能エネルギー特別措置法)により太陽光発電の適切な運用・保守が義務付けられ、太陽光パネルの保守サービスは、今後更なる効率化・省力化が求められると考えています。弊社は、従来より培ってきたドローンパイロット派遣、太陽光パネル点検などのノウハウを活かし、現地でのデータ取得から情報の集積、分析までトータルソリューションのご提案を行って参ります。

本サービスはクラウド上に、太陽光パネルをドローンなどで撮影した可視光線画像や赤外線画像データをレイヤー構造で蓄積、また経年変化を観察できるよう時系列でも取り扱え、広大な施設でも容易に一元管理が可能です。また、パネルの異常箇所であるホットスポットなどをAIによる診断で抽出し、異常の原因、深刻度、発電量の損失などをブラウザ上でいつでも、どこでも閲覧可能です。

■SITEMARKの特長
・クラウド上にデータを蓄積し、ブラウザ上でいつでもどこでも状況の閲覧が可能
・ドローンで取得した画像データをアップし、可視・赤外線画像両方のオルソモザイク画像を生成
・可視光線画像と赤外線画像を、地図データ上にレイヤー構造で表示
・太陽光パネルのストリング(ブロック)表示
・AIによりホットスポット等の異常箇所を自動検出
・特定箇所の異常原因や深刻度などの分析、レポートデータ出力対応
・時系列による経年変化の確認が可能
・異常箇所の数や大きさから売電損失額を算定し分析することで大幅な改善が期待できる
・異常箇所の早期発見により、火災等による被害を予防可能

また、従来は太陽光発電事業者が個別に、ドローンでの撮影依頼、施設点検業者へのデータ譲渡や分析依頼、結果のデータ蓄積を行っていたフローが、本サービスをご利用頂くことで省力化を図ることができます。もちろん、本クラウドサービスのみのご利用も可能です。

■参考価格
・6MWのサイト点検 48万円(税抜き)
パイロット派遣、データ取得、システム利用、レポーティングまで全て提供プラン
※サイトの立地条件などにより価格が変わる場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

■「INTEL ENERGY FORUM 2020」に出展致します
本サービスを7月22日に開催される、インテル株式会社主催の企業向けオンラインフォーラムへ協賛、出展致します。他にも3D地理空間情報プラットフォーム「4DLink」も合わせて展示予定。
○2020年7月22日(水) 事前登録制・参加無料
○お申込みフォームはこちら

■お問合せ先
SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company)
MAIL info@skylinkjapan.com
WEB www.skylinkjapan.com
TEL 075-708-2245(法人様専用お問合せ窓口 10:00〜17:00平日のみ)